ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

風が止んだ

大ババ様 / 「だれか私を外に連れ出しておくれ」

お~っ風が無い、風が・・ 谷の風が止んだ。

大変だ~っ、トルメキア軍の大型船が不時着してきます。

 

 

っと、妄想しながらオウムの子供(シロサシ)見たいなヤツを針に刺して垂らしてます。

 

 

 

鏡の様な湖面に映し出された空から、ガンシップに乗ったナウシカがオウムの子供を助けに来るはずです(爆)

 

それにしても釣れないもう2時間も漂流してます、日の出前の朝マズメにピンコが2匹付いただけし。

このまま御世の国へ導かれて行きそうです。地獄の沙汰もカネ次第たしか渡し舟の料金は六文銭らいしですが、一円玉出してお釣りもらえるのか楽しみ^^;

 

 

 

いったん上がってルアーロッド類積み込んで、岸際のドン深周りを攻めちゃる。

陸で腰を下ろしてコーヒー啜ったら、あ~めんどくさいわ。

お尻から根が生えて立ち上がらなく成りました、きっとこのままフカイの森に飲み込まれてしまうのでしょう。

 

明日は雨模様、ベットで夢をみます。

ボートで揺られても夢を見てるしね、「この湖に手を出してはならぬ」大ババ様の声が聞えるそ(爆)

 

 

 

ボビン巻きは海平だな

寝る子が育つのは10代まで、クソ親父の歳ではぺんぺん草も育ちません^^;

 

昨日のおっちゃんは10時間寝たもんだから、今朝は1時30分起床です♪ 早めに現場に行って新作の仕掛けを4セット装着、3時にはエンジン全開でオッパイ谷を目指します。

 

 

現場一番乗りだ~!

っと、振り向く後方には一隻も灯りが見えません、皆さん好調のエリアBへ向かった様子。昔は鉱山もあった伝説の美笛地区ですから、山師根性とか一攫千金の言葉は正にピッタリ。(金脈を探して山に入る人を山師と呼んだそうです)

 

誰も居ないのはあずましい訳ですが、一艇も来ないのは釣れていない証拠。今年のエリアMは右へ行っても左へ向いても寂しい状況です。

相変わらずの2年魚がうるさく、ピンコチェックは欠かせません。頻繁な上げ下ろしですが今日は何故か仕掛けが絡む、新作の仕掛けのバランスが悪いのか、ドジャーが暴れすぎているのか兎に角絡む。元の仕掛けに戻すためにいったん全部のロッドを上げて見ました、ここで初歩的なボンミスが発覚。船首の仕掛けの鉛が軽いヤツが付いてました、それだもの前方から仕掛けが流れて絡むはな^^;

 

 

本日の最大魚はお刺身くんの40cmですが、職人Y君に言わせると30~33cm位の4年魚が美味いそうです。たしかに40クラスは骨抜きしないと舌に触るのでひと手間掛かるしね、でも釣味はデカイ方が引くし暴れるくんだぞ~♪

 

 

帰宅前にリール全台道糸巻き直ししました。

 

絡んだ仕掛けを手っ取り早く解くには道糸をカットして、仕掛け部分を助けるのがベストです。お陰でリールの道糸を何台か大幅にロストしてますし、棚取りの糸止めも目茶目茶に狂っているのでこの際全部交換です。

 

色付き道糸は絡んだときにカットする目印になって良いのですが、このD社のボビン巻きナイロンはクセが付きやすい様です。

 

やっぱしボビン巻きは海平だな~っ♪

 

湖だけど・・・(爆)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7時には就寝です。

運送業者の早ね早起きは業務の為に欠かせない日常のサイクルです。

がっ・・・、

此処に不届き者の輩が居ります、8時には確実に秘密基地で就寝。6月の支笏湖は蝦夷幕府公認出港時間は午前3時です、2時15分起床で15分前に現地入りできます。連日の早朝出漁で体力が落ちてくると就寝はなんと7時、今時小学生でも7時には寝ないよね(爆)

 

余談ですが、修道女さん方の就寝は7時45分、起床は3時30分と文献で読んだ事が有ります。

 

運送屋さんは修道院の皆さんより規律正しいね~^^

誰です、「ただ釣りに行きたいだけだべ」って言ったの(爆)

 

 

前回のブログ記事でも書きましたが、今期の支笏湖のヒメマス釣は壊滅的な不漁が続いてます。釣れて来る主体が2年魚(18cm前後)のピンコばかり、塩焼きクラスの3年魚(25cm前後)が数匹混ざる程度。稀に大型のお刺身クラス(33cm~40cm)1~2匹の釣果で推移してます。

 

 

ピンコは空揚げでチョイ大き目のサイズはフライでが定番メニュー、塩焼きもこんなに美味しいのに、婆も鬼嫁も大分飽きて来て肉が良いとぬかしてます(爆)

お父さんがどれだけ苦労してヒメマスの塩焼きへの道を歩んだのか、こんこんと説明している間もテレビに夢中で「あっ!中田がホームラン打った~♪」っと話を聞いてません^^;

 

良いんです全部一人で食ってやりますから(笑)

 

 

 

 

 

※、裏のブログでひっそり書く事が増えてますが、こちらのサイトは個人契約のレンタルサーバーで運営です。ドメインもメールアド等も独自取得した運送屋ホームページで、あくまでもSEO対策で回覧数UPで検索上位ヒットが目的です。偶然訪問した方はたま~に覗いてね♪

 

 

最大の敵は風です

朝の内は南東風3m位でしょうか、波も釣りが出来るレベル③の支笏湖の朝です。

 

自分で勝手に安全指数(レベル)を決めて釣行日記につけてます^^;

ベタ凪無風がレベル①
波は穏やか1m程度の弱い風②
風は3mほど少し波が在るが何とか釣りが出来る③
風強し波も高く小型ボートでは自粛すべき④
沖には三角波が立ち風も非常に強い危険を伴なう⑤

 

っと成ってます、まるで何処かのお役所の注意勧告文みたいです(爆)

 

 

相変わらず朝まづめはピンコの活性が高く有りがたく無いです。3年魚の塩焼き君の前に割り込み、パン食い競争並みに先を争って食いつきやがる。

今朝は新作のスペシャル仕掛けをトモの2本にセット、これが結構活躍で殆どの水揚げをコイツらの仕事でゲットです。明るく成ると岸よりの活性も下がるせいか当りが遠のきます、沖に出てお刺身くんサイズの捜索活動へ(この沖に出た事が冷や汗ものでした)。

 

もういい加減揺れるボートで思考能力が下がった頃に待望の当たり! 狙いの大型姫様ゲットです♪

更なる追加へとモチベーションが上がって来ましたが、この頃より風の音が変わって来ました。遠く恵庭岳方面の海面もざわついて見えます、こりゃ~直ぐに荒れるな撤収準備!

一本・・ 二本・・ っとロッドを巻き上げる時間ももどかしく、全開でリールのハンドル回しますが海面は一気に荒れ模様のレベル④。風が付くと支笏湖は海のように大荒れに成ります、最後の竿を巻き上げエンジン始動した頃は三角波が立ちウサギが飛び跳ねる程。

 

波頭に船底をバンバン打ちつけながら部落へまっしぐら、ビビリのおっちゃんは一番乗りで帰還です^^;

 

風です最大の敵は風ですね(汗)

 

 

 

自己記録のヒメマス

一生懸命走って夜景のキレイなお山のふもとへ納品。直ぐにトンボ帰りしないと明日の日の出に間に合わない訳です^^;

 

 

往復500kmケツが痛くなりながらやっと帰宅ですが背中も腰もバキバキ、Kトラの宿命ですが運転席は狭いしシートリクライニングも出来ないので、メドウサーに睨まれた人間の様に体が石になります(爆)

 

風呂は行って体ほぐしてメシ食ったら即就寝です♪ あっ寝酒にスコッチを すこっち・・・

 

 

 

結局は寝坊して準備も手間取ります、もう皆さんがひと稼ぎしたころにやっと離岸。 6月も半ばを向かえるのに低温続きの寒い朝です、何でも道東方面では今朝氷点下の気温を記録したらしいですね。

 

日の出前の暗がりはどうせ2年魚のピンコばかりでしょうから、明るくなってから沖の深いとこで大物狙いです。

 

2時間音無いの構えが続きます、コーヒー飲んでパン食ってラジオ体操して体を温めますが、なまら寒い~! そのラジオ体操でボートが揺れたのが幸いしたのか、待望のリンリンランランです♪

 

ぐいぐい引くこの感触は結構な大物と確信、慎重にタモを用意して大事に取り込みです。一本出て気分も空も晴れてきましたね。

再びボートを揺らしてリアクションバイト戦法ですが、人間の方が酔って来るので程々に^^;

 

 

ピンコは撮影拒否されましたので、自慢の大型サイズのみ記録を残します。

本日最大は41cmでヒメマスの自己記録でした、5年魚で35cm前後ですから、40UPは支笏湖のヒメマスとしては特大サイズです。なんでも解禁当初はこのサイズ一本¥○000の市場卸価格とのことでした、超不漁年の今シーズンですから高値も止む終えません。

自分で釣るから有り難味薄いですが、スパーで高級魚買ってまでは食いませんね(笑)