ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

赤帽車リーフスプリング一枚追加

赤帽サンバー(ダイハツハイゼットのOEM供給車)ですが、リアのリーフスプリング3枚仕様車は本当に良く折れます。

10万キロに一回は折れる頻度です、前回の旧S200系では2回交換しました、今回は折れる前に一枚追加して4枚の増しリーフ作業しました。

初めての作業でしたので一時間程掛かりましたが、リーフ交換は大変面白い作業でした。4枚に成っても折れるときは折れると思いますが、30万キロトラブルなしを期待してます!

2020年10月26日 | カテゴリー : 業務日誌 | 投稿者 : 運送屋

神戸へ納品業務

年に一度位は本州納品の業務依頼が舞い込みます、軽車両ですから陸走りは苦しいですが、フェリーなら喜んで向かいます。

苫小牧港からの太平洋回りは八戸市、仙台市、大洗市、名古屋市。

日本海回りは秋田市、新潟市、敦賀港で降りれば関西も中国地方も配送圏内です。

2020年10月23日 | カテゴリー : 業務日誌 | 投稿者 : 運送屋

知里幸恵「銀のしずく記念館」

知里幸恵さんはアイヌ民族で最初にアイヌ語を日本語に翻訳して、世に書物として「アイヌ神謡集」を出した方です。文字を持たないアイヌ民族はユカラと言う叙事詩(歌)で物語や文化を伝承しました、そのユカラを幼いころから祖母や叔母から習い受け継いだ彼女はアイヌ語も日本語も堪能でした。

金田一京助氏(言語学者)の名前はご存知と思います、彼のもとへ翻訳活動へ19歳の幸恵は上京しますが、元々心臓病で体が弱かった幸恵は命の炎が燃え尽きるまで執筆活動に打ち込みます。

北国育ちの幸恵は東京の暑さに応えた事でしょう、彼女はその年の夏に永遠の眠りに付きました。

その偉業はアイヌ民族の誇りとして、有志による記念館を設立して称えてます。

2020年10月10日 | カテゴリー : 業務日誌 | 投稿者 : 運送屋

京極ふきだし公園

本日は俱知安町からの運送依頼があり向かいました、お昼はコンビニ弁当を買い込み「京極ふきだし公園」駐車場で昼食です。

腹ごなしに久し振りに羊蹄山の伏流水が湧きだす水汲み場へ足を運びました。

沢山の多々方湧き水を汲みに来てました、ここの水でお茶やコーヒーを入れるととても美味しいんですよね♪

2020年10月2日 | カテゴリー : 業務日誌 | 投稿者 : 運送屋

地方都市の軽運送業とは

本日は生憎の雨模様の天候ですね、企業様の依頼で250㎞先の納品先へひた走ってます。往路は製品を運搬して復路は空に成った容器を持ち戻る、我々の業界では帰り荷付きと呼んでますが美味しい業務です♪

よく聞かれます「赤帽さん儲かるかい?」やはり皆さんの興味は会社勤めも良いけど事業主or経営者ってどんなものか、自分の人生を掛けて精一杯生きて見たいと思われる方も多い様です。

20年軽運送業を営んで私が正直にお答えします。

組織の正式な回答ではありません、あくまで個人的な感想ですがご参考までに。

2020年9月4日 | カテゴリー : 業務日誌 | 投稿者 : 運送屋