自己記録のヒメマス

一生懸命走って夜景のキレイなお山のふもとへ納品。直ぐにトンボ帰りしないと明日の日の出に間に合わない訳です^^;

 

 

往復500kmケツが痛くなりながらやっと帰宅ですが背中も腰もバキバキ、Kトラの宿命ですが運転席は狭いしシートリクライニングも出来ないので、メドウサーに睨まれた人間の様に体が石になります(爆)

 

風呂は行って体ほぐしてメシ食ったら即就寝です♪ あっ寝酒にスコッチを すこっち・・・

 

 

 

結局は寝坊して準備も手間取ります、もう皆さんがひと稼ぎしたころにやっと離岸。 6月も半ばを向かえるのに低温続きの寒い朝です、何でも道東方面では今朝氷点下の気温を記録したらしいですね。

 

日の出前の暗がりはどうせ2年魚のピンコばかりでしょうから、明るくなってから沖の深いとこで大物狙いです。

 

2時間音無いの構えが続きます、コーヒー飲んでパン食ってラジオ体操して体を温めますが、なまら寒い~! そのラジオ体操でボートが揺れたのが幸いしたのか、待望のリンリンランランです♪

 

ぐいぐい引くこの感触は結構な大物と確信、慎重にタモを用意して大事に取り込みです。一本出て気分も空も晴れてきましたね。

再びボートを揺らしてリアクションバイト戦法ですが、人間の方が酔って来るので程々に^^;

 

 

ピンコは撮影拒否されましたので、自慢の大型サイズのみ記録を残します。

本日最大は41cmでヒメマスの自己記録でした、5年魚で35cm前後ですから、40UPは支笏湖のヒメマスとしては特大サイズです。なんでも解禁当初はこのサイズ一本¥○000の市場卸価格とのことでした、超不漁年の今シーズンですから高値も止む終えません。

自分で釣るから有り難味薄いですが、スパーで高級魚買ってまでは食いませんね(笑)