じゃみとピンコばかり

支笏湖のヒメマスが6月1日より解禁してますが、連日の降雨と低温で釣果の程は思わしく無い状況です。

たまに鈴を鳴らすのは、じゃみ(目的外の小魚)とかピンコと呼ばれる二年魚(体長18cm前後)ばかりです。本命の3年魚4年魚の姿が見えません、出だしからのコノ状況はちょいと不安ですね。

 

 

それにしても寒い6月です朝の気温は7~8度位でしょうか、小雨の湖面を震えながら漂ってますが何が楽しいんだかね^^; これでアッチの竿コッチの竿と当りが続くと身体も温まるのでしょうが、微動だにしない穂先を眺めて只々耐える毎日です(爆)

 

今週は少し気温も上がって来るとの事、釣果の方もこれから上向いて来る事を願いたいです。

 

 

2017年6月5日 | カテゴリー : 業務日誌 | 投稿者 : 運送屋