白鳥湖とイトウの話

晩秋の頃に納品業務で某カントリーCCを訪れた時の事です。

現在は冬本番の装いですが苫小牧周辺は比較的降雪も少なく、道内では年内最後(根雪に成るまで)までゴルフ場は営業しております。

 

 

国道から整備された山道を登ると木立の間から湖が見えました。 おっ、白鳥湖だ!

もう数十年もこの地区へ足を伸ばす事は在りませんでしたが、久々に納品帰りに一声掛けてから立ち寄って見ました。

 

001

 

昔はウトナイ湖に並び白鳥湖も市民の憩いの場所で一時代を築きました。たしか夏は大学のボート競技の練習とか、冬は氷が張るとドライバーの冬道安全講習会場に使われて居た記憶が在ります。

地図上では丹治沼の記載を受けるこの湖は、大正6年に国有未開地を丹治林業が国より払い下げを受けたと在ります。現在もこの地区は社有地ですので立ち入りは許可を受けて訪問してください。

 

当時は観光ホテルや遊具施設も沢山在りましたが、現在は取り壊されており当時の面影は有りません。湖畔に放置された貸しボートが当時の喧騒を思い起こさせます。

 

003

 

 

白鳥湖の名前から冬季に渡り鳥が飛来して羽を休める湖と容易に想像できますが、 アイヌ語では/チライ・ウシ・ト、「イトウが群れをなす沼」と言うそうです。

大昔の白鳥湖は現在の美々川からウトナイ湖に通じ、更には勇払原野を抜けて安平川に注いでいた事でしょう。現在は勇払原野地区に注ぐ河川でのイトウの生息報告は在りませんが、未確認情報や噂では何度か耳にしてます。

 

後志地区の尻別川ではイトウの固体を保護して、遺伝子レベルで尻別川本家のイトウの子孫を守る運動を聞きます。残念ながら勇払川でのイトウ自然繁殖は大昔に途絶えているかもしれません、実際に同河川流域でのイトウを釣ったぞ報告はゲリラ放流の可能性も否定できません。

 

ともあれ再びイトウがこの湖に群をなす、チライ・ウシ・トが蘇る事を願って止みません。

 

 

 

2016年12月3日 | カテゴリー : 業務日誌 | 投稿者 : 運送屋