植苗地区の湧水

先日植苗地区を走行中道路脇で湧水を汲んでいるご夫婦を発見、なんでも近所の方々の間では有名な場所らしいです。

 

007

山の斜面の軽石堆積層から湧き出ている場所です、地域の方々が水汲み用の足場を作った様です。

水質検査で飲んでも大丈夫とのお上のお達しは在りませんが、多分滅多な事はないと判断して腹いっぱいのんで見ました^^;

 

やっぱり湧水は美味いね!

 

苫小牧の水道水はそのままペットボトルに詰めたらミネラルウォーターに成るほどの美味しさですが、塩素殺菌してない水は格別の味だね。

この付近の湧水が集まって美々川の流れを作り、下流のウトナイ湖を形成してます。

 

 

ここから数キロ遡ると美々川上流部に「御前水」と地名にも成っている有名な場所が在ります。

 

002

 

名前の由来は昔明治天皇御一行が休憩の為立ち寄って湧水を飲まれた場所です。

 

001

 

自分も昔に水汲みに来た思い出が在りますが、現在は水質悪化の為飲料水には適さないとの保健所からの御達しです。

苫小牧地区の山麓や湿原は支笏湖からの伏流水や地下水が豊富で、河川の源流部にはほとんど湧水が出てます。その湧き出ている部分は安全でしょうが、河川の水はどんなに綺麗でも現在では飲むことは危険です。キタキツネ(エキノコックス)も活動範囲ですのでご注意を。

 

 

 

植苗地区の湧水」への2件のフィードバック

コメントを残す