西港調査

東港は2月下旬からクロちゃん順調に釣れてますが、西港の良い話は全然聞こえてきません。

今朝調査員一名がホームグランドの晴海ふ頭に店開きです。

 

003

 

明るくなった5時過ぎに2本投入もつかの間、何時ものもやいロープを拾う小舟が目の前10m程で「糸巻け」っと無言のプレシャーです。

お隣のRORO船接岸まで4本体制の準備をしてから朝食タイム。

 

004

 

何時もの船とは違い一回転して接岸してます、巨大スクリューで海底も撹拌してます。さぞかしお魚もビビって「海底で動かない」っと思いがちですが、逆に海底の砂が(エサも)舞上がり魚の食いが立ちます。

 

接岸直後に80mラインと100mラインに2本ずつ投げ分け、当たりを待ちますが・・・ 。

 

シーン・・・。

 

008

 

エサ交換で近投 遠投っと 投げなおしても。

 

シーン・・・。

 

一番のゴールデンタイムに食いが立たないのは、その辺にクロガシラカレイが居ない証拠だね。

 

西港はボトルネック港湾で海水温が上がりにくい傾向に在ります、ヒトデも低水温で活性が低いのか一枚も乗りませでした。

 

 

運送業者は一番の繁忙期に入ります。10日程調査捕鰈に行けませんが、その頃には西港も開幕して居る事でしょう。

 

 

 

 

 

西港調査」への2件のフィードバック

  1. >返信
    今年の気候は半月ほど早く春めいてますが、西港の水温は平年並み。やはり4月に入らないと釣果は上向きませんね^^;

    関係ない話ですが、昨日の苫民釣り欄で釣り具店さんや釣り上げた人が同じような事言ってました。
    「産卵前にエサを沢山とる荒食い」 ? ? ?
    卵や白子で腹パンパンなのに、どうやって産卵前に食うんだ~? 腹さばいても胃には内容物無いぞ!(爆)

コメントを残す