地方都市の軽運送業とは

本日は生憎の雨模様の天候ですね、企業様の依頼で250㎞先の納品先へひた走ってます。往路は製品を運搬して復路は空に成った容器を持ち戻る、我々の業界では帰り荷付きと呼んでますが美味しい業務です♪

よく聞かれます「赤帽さん儲かるかい?」やはり皆さんの興味は会社勤めも良いけど事業主or経営者ってどんなものか、自分の人生を掛けて精一杯生きて見たいと思われる方も多い様です。

20年軽運送業を営んで私が正直にお答えします。

組織の正式な回答ではありません、あくまで個人的な感想ですがご参考までに。

2020年9月4日 | カテゴリー : 業務日誌 | 投稿者 : 運送屋

久しぶりの然別湖

今日は十勝方面の引っ越し業務でした、生憎の雨模様でしたが無事に業務終了です。荷物はカバー等を掛け雨から守りますが、作業員は濡れネズミに成るのは何時もの事です。雨の日は着替えを何枚も持参しての引っ越し作業ですが、予約日のお天気だけは日頃の行いでしょうか(笑)

納品を終え遅い昼ご飯を食べながら帰路に付きます「そうだ然別湖へ寄って見よう」不意に寄り道癖の性格が湧いてきました。


赤帽運送業を始める前に一度だけ釣りに来たことが在ります、もう25年位前でしょうか? 長らく禁漁状態だった然別湖がこの年久しぶりの解禁、ハガキによる抽選方式で当選者限定で釣りを許可すると言う異例の処置。

全国から天然記念物の「ミヤベイワナ」を求めて太公望が殺到した事を鮮明に覚えています、運よく当選した自分はボート上からのルアーフィッシング、定量数20匹のイワナを土産に笑顔で帰宅した事を今でも鮮明に覚えております。

2020年9月1日 | カテゴリー : 業務日誌 | 投稿者 : 運送屋