各河川の状況

今朝は雨と雷で支笏湖は断念です、二度寝も出来ずにカツオパックを冷凍庫から引っ張り出し河口をパトロールして来ました。(笑)

昨年から全く良い話が聞かれなくなった小糸魚川河口ですが、サケ用監視カメラが設置されました? そんな訳ないないです(爆) 多分民家が直ぐ側まで立ってますので河口の蛇行や高波の状態を監視だと思います。

運送屋は一昨年から小糸魚河口での釣りをほとんどしてません、毎日来ている近所のジョニー黒木氏によると週に2~3本しか上がらない(全員で!)そんな状況が二年も続いて居るのが現状では足も遠のきます。

序の情報ですが社台川も同じような感じで、数年前に社台小学校が閉校して授業の一環で鮭稚魚放流活動も終わりました。当然遡上魚は殆ど期待できないので、白老方面への移動の群れが川の匂いを嗅ぎに来る、偶然の通りすがりを待つ魅力のない釣り場に成りました。

今朝の錦多峰ですが雨と雷では根性ルアーマンも流石に断念ですね、ユンボで掘り返した中央水路は砂で埋まり、また元の流れが復活してましたお役所は如何したいのか不明です(爆)

運送屋のサケ釣りの行動パターンですが、8月は錦多峰河口がメインですが8月19日までは敷生川河口も期待が出来ます。9月の河口規制が開始されると2週間位は胆振地区の釣り場は苦戦します、違う釣り物で楽しむか如何しても鮭が釣りたい方は遠征しかありませんね。

9月の中から末にかけてが平場でのサケ釣り本番を迎えます、部落では錦岡海岸がメインですが、白老北吉原海岸にも頻繁に通います。

この北吉原海岸は護岸帯が一昨年に工事終了、以前はサケの投げ釣り軍団が縄張りをしていた区域でしたが、新設護岸でのブッコミ釣りが厳しくなり親父連中が場所取りを断念。

昨年は各釣り新聞欄やSNS等で紹介された為に週末は激込み、車の駐車や騒音に排泄と近隣住民に多大な迷惑を掛けました。

魚釣り全般に言える事ですが我々はあくまでの通りすがりの遊び人です、日頃地域で生活をしている方々にはけっして迷惑を掛けない事を肝に銘じて行動してください。


2019年8月10日 | カテゴリー : 業務日誌 | 投稿者 : 運送屋