平常営業の浜

先週好調だった錦岡護岸帯も金曜土曜がピークでしたね。日曜日の人出はお祭り会場並みの大賑わい、恐れをなしたサケ達も岸際には寄り付かなかった様です。(全員で5~6本だったようです)

 

毎年我が部落界隈ではここが最終ポイント、10月末頃で終焉を迎えるサケ釣りの名残を惜しむ訳です。

 

月曜の朝も全員で数匹と厳しい状況報告が来てました。

 

今週は多くは期待できませんが、鮭トバ用にBブナを数本仕込んで冬支度だね。

 

002

 

この日の運送屋は早い業務の為まだ暗い内に家を出ました、当然業務前のチョイ釣は自粛。その腹いせに小雨模様の夕刻前浜を覗いて来ました、あわよくば攻撃参加の目論みも全員悲しいメロディーが流れる中撤収して行きます。

 

その中で潮溜りの一等地に陣取った深瀬鮭雄氏が辛抱強くサケを釣り上げてます、先日の入れ食いとは程遠いですが一時間に1~2本ペースでしょうか?

 

001

 

激渋の中で素晴らしい腕前、結構ギンギンのサケも混じってます。

 

今年は出だしが悪かった分延長戦を望みたい所ですが、終了時期は容赦なくやって来ます(涙)

 

 

今朝の護岸帯。

運送屋が密かに朝のお楽しみに通っていた護岸帯ですが、最近好調のせいか徐々に賑わいを見せてます♪

 

002

 

毎年サケ釣り終盤になると錦岡護岸帯でのフカセ釣が恒例行事です。

今年はサケの漁獲量も前年の40%程で不漁年との事、我々アングラーもまだまだ釣り足りない状況ですね。

 

003

 

我が親愛なる釣友「仕掛け人氏」も今日はフカセ釣りで全力投球、一体なん匹釣れば許してあげるの(爆)

明け方頃まではウキルアーでも十分狙えますが、護岸帯に溜るサケにはやっぱり深瀬鮭雄に変身ですね。

 

 

004

 

至るところにサケ、サケ、サケの水揚げが~♪

平均皆さん2~5本はゲットした好調な朝でした、今週末がサケ釣りシーズン最後の山場と思います。

 

自分も夕刻にポーラベアーに赤(黒も)ゾンカーのフライ針沢山巻きました、日の出の遅い晩秋ですが暫らく通って見ます♪

 

 

ご無沙汰の東港

運送屋通っている場末の海岸ですが、今朝は大人気でした♪

 

003

 

おっちゃんがサケを連日釣る位だから少しは群れが寄っているんだべ、っと10名程のプロアングラーが集結!

左右からプレシャーを受けながら操業開始です、本日は早朝納品業務がある為に猶予時間は一時間限定です。

 

002

 

おっ! 札幌シティーからも勤務前の突撃隣の240君参上、今期は貞子の呪いを掛けられ未だに水揚げは無いそうです(おみあげ鮭は沢山在り^^;)

 

しかも彼がプロ集団の口火を切り行き成りのヒット~!

ギンピカ鮭をゲットして今期片目が開いたそうです(祝)

運送屋は皆さんの掛けた鮭のタモ入れ係りをして勤務の時間です、又明日プロ集団の皆さんが来ないを見計らい頑張ります。

 

日高地方の山奥の現場収めを終了して帰り道々魚場を偵察。最近覗いて無い方々も参考にどうぞ。

004

 

昨年密かにサケ釣りで名を上げた汐見漁港ですが、今期は各釣り新聞(蘭)によりすっかり有名ポイントに成ってしまいました。今年のサケの港内入りが悪く報道ほどの釣果は在りません、4年前の港内放流稚魚の大半が死んだ為と聞きました。

 

更に帰り道に暫らくぶりの苫東港を偵察。

006

周文埠頭(フェリー)の奥はサバ釣りで賑わってました、コマセカゴをサビキの上部に付けて垂らすと複数本のサバが竿を絞り込みます♪

 

008

 

007

 

発電所側のフェンス前です、夏場には賑わいを見せてたフクラギも終盤、「もう殆ど釣れない」と常連氏の言葉です。覗き込んだ海面にはサヨリが群れてました、コイツ天ぷらにすると淡白で美味しいんですよね。 夏には珍客のアオリイカが顔を見せたと聞きました、数日間で計20パイほど釣った様ですから迷子とは考えずらいですね。

 

奥の発電所施設の一号機排水ピットです、クレーンで浅くなった土砂を搬出。冬季のアメマスも今期はプールに入らないかもです、基本的にピットでの釣は禁止ですけどね^^;

 

また、納品の帰りに覗いてきます。