イクラを撒き餌に?

ちょっと表のブログでは書き辛いので裏ブログで愚痴を言います^^;

 

チカ釣りや港湾サビキ釣りで撒き餌を撒いて魚を寄せる、そこへサビキや付け餌を投入して狙いの魚種を釣り上げる。この方法は本州の磯釣りや本道のホッケつりでも常道手段、それをとやかく言うつもりは毛頭有りません。

 

 

 

本日も順調にエース級のフライ達はアメマスくんのバイトを誘い上々の出来です、複数の試作品フライに交換してお好みの針が在るのか否かを調査です。

冬場はアレコレ想像してアメマスくんのお好みの針を巻くのが夕食後の楽しみです。昨年から基本パターンが大体解って来ましたので釣れないフライは在りませんが、目指すところはスレたアメちゃんも一発で掛かるここ一番の「針」。

 

 

語るのは簡単ですが20パターン製作して当たりフライは一本在るか無いかです。

 

 

話は冒頭の運送屋の愚痴と言うか腑に落ちない父さん連中の行為です、後から来た餌釣り爺さん達は一時間以上も当りが無く車両待機でした。

ここで第三の爺さんがホチャレの雌サケのハラを裂いてイクラを持参、何とそのイクラを撒き餌替わりにして横で小出しに撒いてます。

 

程なく足下はアメマスの群れがイワシのボイル状態が如し、推定4~50匹は撒きえのイクラに狂乱状態です。その群れの中にイクラを餌にして針を投入、次々と釣り上げて三人がかりであっと言う間に20匹ほど釣り上げご満悦。

 

 

当然隣の疑似餌のフライマンは沈黙の時間を迎えるのは想像に易しいですね(泣)

 

 

撒き餌自体は違反行為では無いですし、餌釣り自体は立派な釣りです。ただね横でイクラの粒から絞り汁まで撒かれたらフライマンもルアーマンもたまったもんじゃないぞ!

大体その撒き餌イクラの入手方法が気に入らない、プールで引っ掛け針とかタモとかで違法捕獲してハラだけ裂いて身は投げ捨て。こんな爺さん連中に「釣り師とは何ぞや」っと説く気にもなれず、言い争いもしたくないので撤収してきた運送屋です。

 

 

不特定多数の釣り人が集まる港湾の釣りですから、ルールーや常識をとやかく言う自分が間違って居るのかもしれません。

 

嫌ならこんな場所に行くなと言う事でしょうか?

 

ゲームフィッシングのアングラー達と、何でも有りの捕獲爺達とはまるで日高本線の線路の様です。

 

永遠に交わる事は無し・・・(爆)

 

 

 

 

 

平常営業の浜

先週好調だった錦岡護岸帯も金曜土曜がピークでしたね。日曜日の人出はお祭り会場並みの大賑わい、恐れをなしたサケ達も岸際には寄り付かなかった様です。(全員で5~6本だったようです)

 

毎年我が部落界隈ではここが最終ポイント、10月末頃で終焉を迎えるサケ釣りの名残を惜しむ訳です。

 

月曜の朝も全員で数匹と厳しい状況報告が来てました。

 

今週は多くは期待できませんが、鮭トバ用にBブナを数本仕込んで冬支度だね。

 

002

 

この日の運送屋は早い業務の為まだ暗い内に家を出ました、当然業務前のチョイ釣は自粛。その腹いせに小雨模様の夕刻前浜を覗いて来ました、あわよくば攻撃参加の目論みも全員悲しいメロディーが流れる中撤収して行きます。

 

その中で潮溜りの一等地に陣取った深瀬鮭雄氏が辛抱強くサケを釣り上げてます、先日の入れ食いとは程遠いですが一時間に1~2本ペースでしょうか?

 

001

 

激渋の中で素晴らしい腕前、結構ギンギンのサケも混じってます。

 

今年は出だしが悪かった分延長戦を望みたい所ですが、終了時期は容赦なくやって来ます(涙)

 

 

今朝の護岸帯。

運送屋が密かに朝のお楽しみに通っていた護岸帯ですが、最近好調のせいか徐々に賑わいを見せてます♪

 

002

 

毎年サケ釣り終盤になると錦岡護岸帯でのフカセ釣が恒例行事です。

今年はサケの漁獲量も前年の40%程で不漁年との事、我々アングラーもまだまだ釣り足りない状況ですね。

 

003

 

我が親愛なる釣友「仕掛け人氏」も今日はフカセ釣りで全力投球、一体なん匹釣れば許してあげるの(爆)

明け方頃まではウキルアーでも十分狙えますが、護岸帯に溜るサケにはやっぱり深瀬鮭雄に変身ですね。

 

 

004

 

至るところにサケ、サケ、サケの水揚げが~♪

平均皆さん2~5本はゲットした好調な朝でした、今週末がサケ釣りシーズン最後の山場と思います。

 

自分も夕刻にポーラベアーに赤(黒も)ゾンカーのフライ針沢山巻きました、日の出の遅い晩秋ですが暫らく通って見ます♪

 

 

ご無沙汰の東港

運送屋通っている場末の海岸ですが、今朝は大人気でした♪

 

003

 

おっちゃんがサケを連日釣る位だから少しは群れが寄っているんだべ、っと10名程のプロアングラーが集結!

左右からプレシャーを受けながら操業開始です、本日は早朝納品業務がある為に猶予時間は一時間限定です。

 

002

 

おっ! 札幌シティーからも勤務前の突撃隣の240君参上、今期は貞子の呪いを掛けられ未だに水揚げは無いそうです(おみあげ鮭は沢山在り^^;)

 

しかも彼がプロ集団の口火を切り行き成りのヒット~!

ギンピカ鮭をゲットして今期片目が開いたそうです(祝)

運送屋は皆さんの掛けた鮭のタモ入れ係りをして勤務の時間です、又明日プロ集団の皆さんが来ないを見計らい頑張ります。

 

日高地方の山奥の現場収めを終了して帰り道々魚場を偵察。最近覗いて無い方々も参考にどうぞ。

004

 

昨年密かにサケ釣りで名を上げた汐見漁港ですが、今期は各釣り新聞(蘭)によりすっかり有名ポイントに成ってしまいました。今年のサケの港内入りが悪く報道ほどの釣果は在りません、4年前の港内放流稚魚の大半が死んだ為と聞きました。

 

更に帰り道に暫らくぶりの苫東港を偵察。

006

周文埠頭(フェリー)の奥はサバ釣りで賑わってました、コマセカゴをサビキの上部に付けて垂らすと複数本のサバが竿を絞り込みます♪

 

008

 

007

 

発電所側のフェンス前です、夏場には賑わいを見せてたフクラギも終盤、「もう殆ど釣れない」と常連氏の言葉です。覗き込んだ海面にはサヨリが群れてました、コイツ天ぷらにすると淡白で美味しいんですよね。 夏には珍客のアオリイカが顔を見せたと聞きました、数日間で計20パイほど釣った様ですから迷子とは考えずらいですね。

 

奥の発電所施設の一号機排水ピットです、クレーンで浅くなった土砂を搬出。冬季のアメマスも今期はプールに入らないかもです、基本的にピットでの釣は禁止ですけどね^^;

 

また、納品の帰りに覗いてきます。

 

 

 

 

 

冷たい河口で涼むヤツラ

今年の海水温は平年より2度ほど高水温との事です。

先の連続台風も日本近海に来てから勢力を強めると言う異例の事態。通常冷たい海水域で徐々にパワーを落とし上陸するはずが、暴風によりかき混ぜた海は深い部分まで暖かいため更にエネルギー充電と言う訳です。

 

 

我が部落の海岸も海水浴と言うより、温泉に浸かる程との表現が適切です。

 

013

 

全然沿岸を回遊しないサケ達に痺れを切らし遡上状況を偵察。

河川の冷たい水が流入している付近を凝視すると~。

 

012

 

中央の黒ずんだ部分がサケの群れです!

野朗ども干潮時間は動流提の外にでてウロウロするのが通常ですが、暑い日にエアコンの下で涼んで居る何処かの親父と一緒です(爆)

 

当然おっちゃんは石を投げて散らせて置きました、付近でサケ釣った場合は自分に半身権利が在りますから(爆)

秋の気配

いや~ 北風の今朝は寒かったです。 14度位との事ですがまだ体が夏から秋への順応が出来てません^^;

 

005

 

 

澄んだ空気で遠くの山並みもくっきり見える朝ですが、サケ釣りアングラーの釣果は視界良好とは行きませんね。

 

前浜も運送屋が朝の体操をしている間に上がったのは一本だけ、出勤前の一振りで皆さん方は順次お仕事に向かわれました。白老方面護岸帯も先週少し釣れた様ですが、ブッ込み釣りの竿がびっしり並んでますので場所次第でしょうか。

 

昨日漁師の網上げに行っているお父さんの話ですが、沖のサケ定置網も不漁との事です。

 

今の所サケ釣組も思うに任せませんが、週末の連休に合わせて大急いでカムチャッカから戻って来ると思います^^;

サケ神様の微笑み

9月に入ってからもお天気の良い日は朝チョコしてるんですが、さっぱりサケ神様に見放されている運送屋です^^;

今朝も前浜に立ちましたが魚っ毛無し、ここは移動攻撃でお魚さんの捜索へ郊外へ!

 

2箇所回るも寂しいメロディーが流れてます、帰宅前に再び犯行現場に舞い戻ると。

 

「おっちゃん移動した後に群れが来て5~6本釣れたよ♪」

なぁ~にぃ、やっちまったな! (少し古いギャグ^^;)

 

登別幌別方面は少し寄って来たとの話ですが、前浜周辺は気まぐれ遅れて居るのでしょうか。

 

 

 

午後から早めに仕事を切り上げてリベンジ親父です。

 

021

 

 

古いオス達はリリースして、メス2本だけお持ち帰り♪

 

すこしサケ神様が微笑んでくれました^^

 

 

HAT って何処だ

自分が良く通う 秘密のアッ子ちゃん地区、名付けて「HAT」と読んでます(爆)

 

先の台風と河川の濁流の影響か? 水深が浅くなり大波が立つ様に成りました。 今朝の波高1~1.5m程度の予報でも倍の高さの波が押し寄せてます、こりゃ今シーズンはベタ凪以外では釣に成らないかも(涙)

001

 

HATって何処か教えろ! って、 へへへ・・100円くれたら教えるぞ!

 

我が部落の郊外を3箇所ほど移動攻撃を試みましたが、魚っ毛は全く無い状態。

錦多峰でさえ薄い状況ですから、平場の浜にサケがいる訳無いよね。

 

004

 

今朝は神の祝福を受けたのは1名(一匹)だけでした。

 

しばらくは隣国のS町へ領海侵犯しないとダメかも^^;

 

 

 

河口最終日

何度も何度も北海道に襲来する台風、今年の気圧配置のせいとは言え地球規模の環境変化でしょうか。

今回も道内には大きな被害の爪あとを残したようです、被災された地区の方々には心よりお見舞い申し上げます。

 

さて、河口規制最終日の河口を今朝覗いて来ました。

001

 

駐車帯にも波が押し寄せ流木等でふさがってます、さすがにお泊り組も身の危険を感じる高波だったと思います。

 

003

 

大荒れの河口部です、静かに最終日を迎える事でしょう。

 

運送屋は来年も支笏湖に通う予定ですが、お盆過ぎに何度か参加させて頂きます。

浜でご迷惑お掛けした方々また宜しくお願いします。

 

 

ラスト前日に~少し

此処にきて口惜しい報告です。

今期の河口規制前のサケ釣はさっぱり群れも岸よりせず終了、っと思ってましたが昨日から少しつれ始めました(汗)

今頃ポツポツ釣れても時既に遅し、しかも午後らは台風も迫って来るしね。

 

001

 

今朝も雨風波と三拍子揃った天候の中で最後のワンチャンスに掛ける釣り人の姿が、30分程見学してましたが10本ほど浜にずり上げてました。ここ数日では一番好調な朝と言えるでしょう、もう数日早く釣れ始めてくれると良かったですが無念です。

 

8月はサケの群れが薄い河口でしたがコレ位が平年並みかも、ここ2~3年が好調過ぎたのかもしれません。

 

河口報告も一先ず終了させてもらいます、9月からは本気だすぞ~!(爆)

 

 

 

 

 

苦言です! 今年もゴミがアチコチで目に付きます。

「運送屋のブログを見て釣り人が集まりゴミを捨てる」っとお叱りを受けます(江別市の方から実際に電話での苦情も来ました)、サケルアーマンはマナーもモラルも持ち合わせたアングラー諸氏が殆どです。ゴミのポイ捨てを平気でする釣師は見受けません、ゴミの量は道徳心の薄い輩方面に多く見受けられます。 (憶測の苦情を言う前に現場の確認を、ゴミが気になるなら回収の手伝いに来て下さい)

 

003

 

年配者が多いタモリの方々は意外とゴミ問題には無頓着、平気でポイその後ろの駐車帯もポイで特に酷い状況。 更に車両周辺には釣り人とは無関係のオムツや家庭ゴミまで散乱してます、タモすくいを見学に来た人たちが「割れた窓ガラスの理論」で罪の意識が薄れるようでポイです。

 

ルアー軍団の河口浜と右導流提は大勢の人の割りには本当にゴミ少ないです、アングラー達はポイ捨てしないし自身の周りのゴミは自主回収しているしね。

 

今年も河口周辺は出来る限りゴミ拾って来ますが、タモリ軍団の方は拾いませんので自分たちで始末して下さいね。